2013年03月17日

「ハゲ」と「フサフサ」


 【今日の写真】  
                          撮影場所: フィリッピン共和国・ボホール島
                          撮影時期: 2009年 9月

ボホール島(Bohol Island)は、フィリピン中部ヴィサヤ諸島の島で、国内10番目の広さを持つ島。
島全体が中部ヴィサヤ地方に属するボホール州である。人口は約114万人、面積は4,117平方キロメートル。

主な都市はボホール州都タグビララン(Tagbilaran)。
リゾートとして知られるほか、フィリピンメガネザル(Philippine Tarsier、ターシャ)という世界最小級の霊長類の生息地でもある。体長は14センチ程度ですから、コーラの缶ぐらいでしょうか。

ターシャ.jpg

フィリピンメガネザルは、4000万年前から変わらぬ姿で生息する古い種で、夜行性で樹上に住み、運動能力に優れ、木から木へ3メートルもジャンプすることができます。その素晴らしい反射神経で、コオロギやトカゲ、サソリなどを生きたまま素早く捕獲し、頭からバリバリと食べます。

首を真後ろまで180度回すことができ、「体はサル、頭はフクロウ、足はカエル、尻尾はネズミ」と例えられることもある。ボホール島の島民は昔から、このターシャを“神の使い”として大切に守ってきました。

ボホール島観光の目玉としても有名なチョコレートヒルマウンテン(チョコレートヒルズ)
が、生い茂る草木が枯れ茶褐色に覆われることでチョコレートヒルと名づけられた。

チョコレートヒル.jpg

お椀を伏せたたような小山群が不思議な姿を見せ、雨季に入ると緑がいっぱいになるので
それはそれで、また別の表情を見せてくれます。緑の頃をペパーミントヒルとも呼ぶそうです。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


【記事本文】

「ハゲ」と「フサフサ


まあ、あまり気にはしていないが、近頃は
抜け毛が多くなって、禿げの進行が著しい。

坊主頭でも別にいいのだが、毛が無くなってくると寂しい。
で、2度目の脳梗塞で倒れてから床屋に行っていない。

いまは、オフィシャルな用事もなく、人前にはほとんど出ない。
病人ファッションよろしく伸びるにまかせている。

上が薄くて、横はぼさぼさというヘアースタイルだ。
「ガハハのおじさん」和田勉さんを思い浮かべて
いただくとよろしいかな。

鬢のあたりの毛髪は十分ふさふさ感があるが
テッペンのあたりは、禿げ度が著しく、直射日光を
浴びると光が反射してまぶしいらしい。

季節と服装にあわせて、帽子を愛用している。
若い時から、帽子は好きで相当数のものを
所有しているので、しばらくは補充しなくとも間に合う。

「ハゲ」と「フサフサ」と言えばロシアの指導者を
めぐる不思議な法則がある。

ロシアでは、この1世紀の間「ハゲ」と「フサフサ」
が交互に指導者になるというめぐりあわせだ。

ロシア革命を成し遂げたレーニンは「ハゲ」。
その次のスターリンは「フサフサ」

次のフルシチョフは「ハゲ」で
その次のブレジネフは「フサフサ」。

その次のアンドロポフは「ハゲ」で
次のチェルネンコは「フサフサ」。

さらに、ゴルバチョフは、みごとな痣つきの「ハゲ」で
エリツィンは、白くても「フサフサ」。

プーチンは「ハゲ」で、メドベージェフは「フサフサ」だ。
そしてまた大統領に復帰したプーチンは・・・と
いう具合になっているんだねえ。

おもしろい現象だね。私はこの二人が
しばらく交代で大統領をやるんじゃないかと
予想していますがねえ。

世界を見渡すと、国の憲法を変えてでも
権力にしがみつく輩がいることも事実だ。

わが日本国は、「フサフサ」の阿部さんが復帰して
絶好調のように、マスコミはこぞって報道しています。

今度こそ、しっかりと国のかじ取りを
やってほしいと願うばかりです。








posted by たぬち庵 at 22:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体調4cmのメガネザルペットにされそうで心配です。動物園などの他はしっかり保護して欲しいです。
女性ホルモンが少ないと毛が抜けるようですね。前立腺などで女性ホルモンを投与するとフサフサとまでは行きませんが、多少元気になります。しかし、オネエにはなりたくありません。(笑)アベノミクス完全な成功を祈るばかりです。
Posted by ゴチ at 2013年03月18日 23:36
ゴチさん、こんばんは。
ボホールのメガネザルはフィリッピンの
動物保護としてはよく管理されています。

何事もアバウトなこの国ですがことターシャ
については、厳重さが守られている
ように感じました。

水牛にも「タマラウ」という小型の希少種
がいますが、絶滅になろうとしていると
報じられています。

この国は、どちらかというと小ささで珍しい
ものが多いようです。

私の髪はもともと猫毛で、若いころから
少なめの頭髪でした。

ハゲる分には仕方ありませんから、
生えているところを伸ばしています。

いつも清潔にすることは怠りなく
していますが歳とともに無精になります。

景気は本当によくなって行くのか気に
なるところですねえ。

円安に大きく振れていますが個人的には
いい加減のところで安定してほしい
と思っています。

わずかの年金で海外移住を計画中ですから
目減りが大きいと対策が必要になります。

まあ作戦は考えていますがね。
その時はあっと驚くマル秘作戦を
公開しますから(笑)

いつもコメント、ありがとうございます。
たぬち庵
Posted by たぬち庵 at 2013年03月19日 18:28
こんばんは〜。

ははは〜久しぶりにパソコン画面で笑いました〜。てか笑いが止まらなくなってしまいました。ロシアの大統領の話最高!

確かに殿方にとっては髪の毛の問題はけっこう気になることでしょうね。

女性から見ると大した違いは無いように思えるんですが。。。
それどころか薄い方はとても男性的で魅力的な方も多いですよ。

古くはユルブリンナー、新しいところではアンソニー・ホプキンスやエド・ハリスなんていうハリウッドの男優さんも。

たぬち庵様は帽子がよくお似合いだから、たとえハ〇ても大丈夫ですよ。十分素敵です♪

メガネザル君も可愛い〜
コーラ缶の大きさだなんてますます可愛いです。見てみたいな〜。
Posted by 乙女小箱 at 2013年03月21日 22:21
あはははっ、笑えましたな。
乙女さんの笑い声も素敵でした。

やはり、少なくなると未練がわいてきます。
私の友人では、すでに高校時代から
前の方から薄くなっているいましたねえ。

私もどちらかというと、老け顔でしたから
実際よりかなり年嵩に見られたものです。

このくらいの年になってきますと、ハゲは
かなりじい様らしくなってきます。

肌のつやもなくなって、きますからな。
禿げてもユルブリンナーさんのように
頭の形もよく、肌も艶があるとハゲに憧れ
が生まれますねえ。

彼が何歳の頃の映画だったか、「王様と私」
っていう題名だったように記憶していますが
かっこよかったな。

タイの国王の役だったな。沢山の子供たちの
家庭教師の女の先生が英国からやってきて
子供たちを教育するストーリーだったな。

あの頃は私もまだ若く、フサフサの毛があったけど、ハゲに憧れたものですよ(笑)

東京の建設会社に就職して、毎日毎日
ヘルメットを被るようになってからは
少しずつうすくなってくるのが気に
りました。

それで帽子を愛用するようになったのです。
例によって、私の古いもの好きは、こんな
ところにも表れていまして買った帽子は、
たとえ擦り切れても捨てません。

だからもう、数だけなら帽子屋ができる
くらい残っている。汚い帽子だけどねえ。

「思い出」はあの帽子とともにって
云う訳です(笑)

ボホールのメガネザル、とてもかわいい
でしょう?。

ところが






Posted by たぬち庵 at 2013年03月22日 00:37
 ※また途中で、コメントが消えてしまい
 そうな気配になったので送付しました。
 途中からの続きです。

ところが、昼間はかわいらしい顔して
動きも超スローモーションですが、

あたりが暗くなってくると、獰猛な小さき
野獣に豹変します。

コオロギや小虫などは、狙いを定めて
飛びかかり、さらには猛毒を持つ
サソリまでにも襲いかかり、頭から
カブリつき、ガリガリムシャムシャ
食べてしまします。

とても見掛けだけで、ペットにしたい
などと思わない方が良いかもな。

人間には危害を与えることはないようです
がね。

やはり檻に入れて飼わないといけない
ようです。

何千年もの昔から、この島にだけ生息
しているそうです。

まだ沢山、お話したいが長くなるので
またの機会に。

コメント、どうもありがとう。  たぬち庵



Posted by たぬち庵 at 2013年03月22日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347521247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。