2014年06月08日

思い出の曲(映画音楽)

「ある愛の詩」 "Love Story" 70年

監督  アーサー・ヒラー
主演 ライアン・オニール、アリー・マッグロウ
音楽  フランシス・レイ
配給 パラマウント映画  CIC






・・


posted by たぬち庵 at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ご無沙汰しています。
うっとうしい梅雨の時節ですが、お身体ご自愛ください。
Posted by mike3577 at 2014年06月09日 12:15
こんにちは ネギです
入退院をされておられたとのことお加減は如何でしょうか?
早いものでもう今年も半分近くが過ぎてしまいますね・・・
ご心配おかけしたままご無沙汰いたしまして申し訳ございません。
2月、3月と二度手術を受けまして徐々に体力も回復しつつありますがブログも中々更新できずにおります。
たぬち庵さんの更新にわたくしもと活力をいただきました、まだまだ写真を撮る気力に到達出来ずにおりますが焦らずにと思っております。

monardaさんにもコメントいたしますね
絆を大切にと心に刻みます・・・
Posted by ネギぼうず at 2014年06月09日 14:02
mike3577さん、こんばんは。
お元気そうで何よりです。

また夏が近づいてきましたねえ。
私は寒さは超苦手ですが、暑いほうが
体に合っていそうです。

とはいえ蒸し暑い夜は嫌ですな。
体調も良くなってきています。

また、ブログも時々アップして
行きたいと思っています。

mikeさんもお体に気をつけて。
コメントをありがとうございました。

たぬち庵。
Posted by たぬち庵 at 2014年06月09日 20:26
ネギぼうずさん、
やっとまたお会いできましたねえ。

いや、ほんとうに久しぶりでした。
ほっとしました。

またあなたのお写真を拝見できるように
なるかもしれませんねえ。

まずは撮りためたものなど、そっと
アップするだけ。体に負担がかからない
ところから。

私も思考回路が回復しておりませんねえ。
順序建てて考えることは、心にも負担が
かかるものです。

私は手術してからというもの、頭でも体でも
消化能力がとても低下しているようです。

だから、毎日の食生活は粥、雑炊が中心です。
これは私の健康を維持するのにとても大切で
安上がりに栄養を補給できます。

簡単に料理できる万能食ですねえ。
子供のころ、祖母に教わった方法が
とても役立っているんです。

先ごろ入院していたとき、食事のアンケート
要望などの用紙が添えられていたのでね。

私は、5分粥から普通の粥にしてくれるよう
希望しました。

できたら、チョコレートかカカオを少し
混ぜて頂けないかと希望したら
担当医から「精神内科」の問診表に
記入するよう告げられましたよ。

これには思わず笑ってしまいましたねえ。
フィリピンにはほんとうに「カカオ粥」
なるものがあるんです。

初めはギョッとしますがとても美味いです。
そんなようなことで、いまは粥、雑炊の
研究に日夜勤しんでいます。

まあ、あまり多くは望んでいませんが
健康が一番ですねえ。きっと今よりは
ずっと良くなりたいですねえ。

大きな声で、弾けるように笑い、歌い
食べるそんな日が、またきますように。

またお会いできてよかったです。
ありがとう、たぬち庵。




Posted by たぬち庵 at 2014年06月09日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。